9割戯言

# がんばれ街の仲間たち

【電柱】
 DQN撲滅のエースで今まで輝かしい戦績を誇ってきた。
設置数、強さ、実績とも文句なし。
NTT電柱単体でも十分な殺傷能力は有するが、送電線電柱(もしくはNTTとの共架電柱)は、
耐用年数約50年というだけあってさらに太く強力である。

【街路樹】
 電柱と比較し衝突強度は弱いが、地球温暖化防止にも一役買うお得なマルチ兵器。

【街路灯】
 五右衛門の斬鉄剣のように車両を真っ二つ。
一撃必殺を得意とするが、強度が弱い。


【ガードレール】
 強力装備である鉄の爪は除去は進んでしまったが、二輪車両には相変わらずの強みを見せる。

【中央分離帯・キャッツアイ】
 車両バランスを崩し諸施設への激突を堅実にアシストする縁の下の力持ち。

【対向車】
 持ち前の機動力で中央分離帯が漏らした車両や二輪車から放り出されたDQNに止めをさす。
常時警戒型ではないものの加速衝突が鮮やかに決まった際、その威力は脅威的。

【フェンス・側壁】
 カバー範囲の広さで敵の回避に断固立ち向かう頼れる存在。

【歩道の段差】
 致命傷を与える力はないが、歩道によれたDQNのトス役を地道にこなす仕事屋

【標識柱・信号柱】
 細身の体を鋼鉄の強度でカバーするクールガイ。
ひっそり佇みDQNを討つ。

【信号機】
 年中無休で車や人々の通行を指導し続ける道路の管理人。
警察から逃走中のDQNの逃げ道を塞ぐ役割を果たし、
それでも無理矢理突破しようとするDQNに側方から多数の横断車を召還し体当たりを食らわせる。

【空き缶】
 普段は道の片隅に捨てられ町の美観に少なからず悪影響を与えている。
しかしカーブなどの死角に配置される事によって地雷のごとくDQNを仕留めるトリックスター。

【釘】
 道路のレアアイテム。
低確率でタイヤをパンクさせ走行困難へと誘う。

【マンホール】
 悪天候を突いてDQN車両を強襲する交通界の暗殺者。
上記のいずれの仲間ともコンビネーションを組める万能型。
特に磨り減ったベテランの殺傷力は脅威的。

【踏み切り・通過列車】
 日本で最も安全かつ時間に厳しい社会貢献度抜群の必殺仕事人。
遮断機で退路を断ち、一撃必殺の攻撃を繰り出す。
本屋で万引きをするDQNガキを始末した実績も持つ。

【とまれみよ】
 「踏み切り」のかわいい妹分。
田舎道の隅にぽつんと佇んでいて、一見無口でさりげないアピールだが、
無視する者に突然通過列車を仕掛ける不意打ちの名手。
「田んぼの土手」とも親友。
最近は無口すぎるのが災いしてか、各地でクラスアップ推進中。

【鉄製の排水口】
 晴れたときはそんなに威力は無い。
しかし、ひとたびぬれた場合のスリップ能力は想像を絶する。
チャリ&バイクに対しては究極兵器かも。

【側溝】
 フラつく足元を狙う意外な伏兵。
ひとたび噛み付かれると自力脱出は不可能。
田園の憂鬱や峠の守り地蔵となった時、さらなる恐怖をDQNに与える。

【ガードワイヤー】
 まさに現代に生まれた”ギロチン”といっても過言ではない。
高速道路に多く、その破壊力は人間を自動車もろとも切断する。

【雨】
 小粒な体でDQNに果敢に突撃する交通界の特攻隊。
DQNの視界を遮り判断力を鈍らせスリップを誘う。
個々の威力は微小だが大群となれば威力は倍増。
また、街中にいる仲間への攻撃アシストも広範囲にこなすマルチプレーヤー。

【路面標識・黄線・白線】
 日夜交通安全を守る縁の下の力持ちで、一般ドライバーや歩行者の守り神。
しかし雨が降るとその姿を一変させて、スリップへと誘う地獄の渡し守と化す。

【雪・アイスバーン】
 晩秋から初春にかけて現れる妖精。
可憐な姿は人々を幻惑し、一度積もればローダウンしたDQNを足止めしたりスリップを誘発する。
この妖精は踏み潰される悲しい運命だが、圧雪されるとその姿を凶暴なものに変化させる。
ひとたび牙を向けば上を走るもの全てをコントロール不能に追い込む隠れた最強兵器。
一回で生み出す犠牲者の数はTOPクラス。

【砂】
 目立たずひっそりと広範囲に散らばっている事も多い。
スリップを誘発させるいぶし銀のアシスト職人。
2輪の天敵だが4輪に対しても十分な威力を発揮する。

【軌道敷】
 日本国内では数が少なくなった絶滅危惧種。
雨天時の活躍はマンホール等に匹敵する。
極まれに軌道上を走る路面電車様のアタックも期待できる隠れた仕事人。

【工事用養生鉄板】
 マンホールの始祖。
周囲に荒れた路面と砂じゃりを配置し万全の構えでDQNを迎え撃つ。
年明けから3ヶ月間に渡って出撃回数が増える。

【グレーチング】
 側溝に載せられた金網状の蓋。
普段は排水に治水にと活躍する町の掃除屋さん。
しかし、【雨】とタッグを組むと豹変、DQN二輪車を他の仲間達に送り込む悪魔の権化。
その姿は、DQNの血を吸い、DQNを掃除する、まさに無言のスタッパー(暗殺者)。

【轍】
 ダンプやトラックの往来によって生まれた道路の凹凸。
決定打はないが地域によっては大量に発生しDQNのハンドルを虎視眈々と狙うアシストプレイヤー。

【ダンプ・トラック】
 他の仲間のアシストを受け確実に止めを刺す仕事人、客に荷物を届けDQNに死を届ける。
一車線の道で彼を追い越したDQN車を対向車が仕留める等心理的アシストもこなし、
轍の罠を貼る等マルチな活躍。
ただし彼らの中の人自体がDQNな事も多い諸刃の剣。

【携帯電話】
 DQNのもっとも身近な手荷物の一つだが、時には持ち主に牙をむく非情なる戦士。
乗り物を運転しながらのメールや通話は注意力を散漫にし、
他の街の仲間達との連携によってDQNに様々なダメージを与える。

【霧】
 【雨】よりもさらに小粒な体でDQNの視界を遮る交通界の山岳部隊。
【路面標識・黄線・白線】【雨】とともにDQNの集中力を鈍らせスリップを誘う。
個々の威力は微小だが高密度に集まったとなれば威力は倍増。
特に夜間の山岳地帯のドリフト族を次々に視界を奪いあるときはスリップへと誘い、
地獄の化身【電柱】【ガードレール】へ誘導する。

【枯葉】
 季節の移ろいと共に発生し、人を癒しつつも感傷的にもする演技派。
かつての部隊から離れ、身を砕きながら単身で風任せの行軍を続けている。
普段は車輪に踏まれて砕け散るだけだが、ひとたび水を含むと豹変し、
道にへばりつけば、上を通った2輪を制御不能に陥らせ、
ガラスにはりつけば、一切の視界を奪い去るという体を張った攻撃を行なう。
なお、車体に忍び込み錆を誘発させるという長期戦も得意とする。
因みに春先には「桜吹雪」といった仲間も登場する。
こちらは目を奪って事故を誘発するという色仕掛けも得意とする。

【水溜り】
 一般人は避けて通るものの、DQN車の派手に振舞う習性を利用する受動的誘導装置。
そこに踏み込んだ瞬間ハンドル操作を奪い、地獄の化身【電柱】【ガードレール】へ誘導する。

【初心者マーク付き】
 安全過ぎる運転でDQNの精神面に攻撃を仕掛ける物と、危険過ぎる運転のDQN自身、という二種類が存在する。
一般ドライバーは暖かく見守ってあげよう。

【カーナビ】
 初めての場所でも的確にガイドしてくれる、善男善女の強い味方。
テレビまで見られるサービスっぷりだが、その裏に秘めている牙は凶悪の一言。
画面を見るという性質を利用し、DQNの脇見をいとも簡単に誘発。
他の仲間へ確実にパスを送る。
しかしながら、あまりの凶悪さは時に無差別攻撃に走ることもあり、
彼との付き合いには善男善女といえども充分な注意が必要である。

【路上教習車】
 その安全すぎる運転は、後続DQNの精神を攻撃する。
歩行者がいる横断歩道では必ず停車する為、車間距離を守らないDQNの追突を誘発する。
教習車の無理な追い越しで自爆するDQNも。
将来の仲間の成長を、車間距離を十分に取り暖かい目で見守ろう。

【欄干】
 ガードレールとみせかけて車両は容赦なくスルーパス、対人保護に徹するプラグマティスト。
「橋の重量軽減で軽いんだからしょうがない」などとクールにうそぶきつつ、
末端基礎部は車両を一瞬でクワガタにする破壊力をもつ。
対物補償も多額にむしり取る、二重人格の冷酷な詐欺師。
涼しい顔して獲物を待つ。

【酒】
 有史以来活躍し続けてきた古代兵器。
元々狂っているDQNの判断力を一層狂わせる効果があり、
諸施設への衝突確率を数倍に向上させるほか、事故発生時には違法行為フラグを立ててくれる多重効果型の飲料物。
これにより、DQNにとって数少ない味方である車両保険をも無効化できる。
なお、運転時以外でも高所や水辺で密かにDQNを始末きた実績があり、
致死レベルの破壊力に加えて効果時間の長さも特筆に価する。

【空き缶】
 普段は職にあぶれた人の生活の糧にもなる働き者。
しかし、一皮剥けば単車のフロントタイヤに襲いかかり仲間達へのアシストをこなす冷酷な仕事人。
尚、単独でもノーヘルの珍走DQNに対しては十分な攻撃力を持つ頼りになる仲間でもある。

【堤防道路】
 一般道路の扱いではないので速度規制がない。
一方で側線やガードレール、照明がないため、スピードに取り憑かれたDQNのハンドル操作を誤らせ、三途の川へと案内する。
まさに闇夜の暗殺者。

【崖】
 誰もが見落としていた街の隠れた実力者。
ハマれば10人単位のDQNをまとめて奈落へと葬り去ることが出来る。
その威力たるやDQNも思わず空中を3、4歩走ってしまうほど。

【パワーボラード】
 引っ込んでいる時は無力だが、突出すると突っ込んで来たものは例外なく粉砕する、究極の兵器。
耐久性も高く2tトラックの体当たりですらものともしない。
デビューしたてで設置数が少ないのが惜しまれる。

【花壇】
 色とりどりの花で人々の目を楽しませ、街の緑化に貢献するエコロジスト。
花壇を構成するコンクリやレンガは、飛び込んできたDQNに対し痛烈な一撃を与える。

【進入禁止チェーン】
 日々危険な場所を告げ一般人の安全を守る寡黙な存在。
だがひとたびDQNを見つけるやその細身の体を絞首刑のロープと化し、立ちふさがる交通界の死刑執行人。
4輪にやや効果が薄いのが玉に瑕。

【タンクローリー】
 その体躯を生かし逃げ道をナチュラルに塞ぎ突進してくるDQNには容赦ない質量の暴力を見せ付ける頼れる兄貴。
ダメ押しに肥料を落とす舐めプレイは映画化されたほど有名。
搭載物次第で一般人に迷惑がかかるのがたまに傷。

【Y字路の分岐点】
 DQNの優柔不断な思考という弱点を突いて待ち伏せ攻撃を喰らわす伏兵的存在。
曲れねば激突、曲れても壁や路面や電柱様、対向車等々が待つ地獄にご招待。
まさに人生のトレーダー分岐点。

【緩やかなカーブ】
 「あなたなら曲がれるわ」と優しくささやいて地獄へ導くローレライのような存在。
魅入られてしまったDQNは吸い込まれるように対抗車線や歩道側へ突進し、
他の仲間たちとのコラボレーションによって、静かに三途の川を下っていく。
事故多発地点には悪魔払い師によって危険を示す結界シールが貼られているが、
愚かなDQNには全く効果がない事が知られている。

【花粉】
 バイオ兵器の究極の形。
目に見えない。
今では、種族が入れ替わり立ち代りで、通年活躍することが確認されている。
直接的にはドライバーの思考能力や視界を著しく低下させる。
くしゃみでハンドル操作を誤ったケースも、確認されていないが必ずあるはずである。
なお、間接的には、窓を閉め切らせる為、DQNバイクの聴覚的発見が遅れ、
意図しないところでDQN成敗を行なってしまう可能性がある。
ただ、緊急自動車の発見も遅れるため、自殺行為にならないよう注意が必要。

【トンネル】
 山や水底を貫き外圧に耐え、交通の難所を解消し移動の円滑化に貢献する影の功労者。
逃げ場の無いその懐に入れば自らの闇で暗/明順応を誘発し、視力を眩ませ側壁や対向車へ誘う非情さを持つ。
異界との接点とも言われ、【何か】と非常に親しい関係にあるとも囁かれる。

【塀】
 他人の敷地への無断の侵入を阻止する国境警備隊の様な存在。
他の仲間達にアシストされて突っ込んで来たDQNに止めを刺す。
二輪に対する殺傷力は驚異的であるが、トラックは苦手としており強行突破される場合があるのが難点。

【防波堤】
 DQNが台風で荒れ狂う海に挑戦しようと訪れる海の要塞。
しかし、防波堤さんは高波や暴風雨にも負けない頑丈さを誇っているが、
DQNは自分で思っているよりも極めて軟弱であるため、あっさりと高波に飲まれ暴風雨に吹っ飛ばされ、海に落ちて自滅する。

【カーブ】
 電柱やガードレール、側壁、対向車、砂+崖、といった他の仲間たちとの相性が非常によく、
彼らと組むと無類の強さを発揮する縁の下の力持ち。単独でも目に見えない遠心力の力を借りて、
座席についていないDQNを退治する。

【フロントガラス】
 石ころ、ゴミ、鳥、雨、風などあらゆる障害から運転手を守ってくれる頼もしい助っ人、
しかしシートベルトをしないルーズなDQN人間を極度に嫌い、事故の際に頭部に体当たりして殺してしまう。

【見通しの良い直線道路】
 街の仲間たちで最凶のステルス性能を誇り、心理的盲点を突く忍者。
「こんなに見通しが良いのに事故るわけがない」とDQNの油断を誘い、
スピードを出させて周辺視野を強奪しながら脇見をする余裕を与える。
その結果、景色を楽しんだり、缶コーヒーやカーステに手を伸ばしたくなったりするなど、
およそ【カーブ】ではできなかった欲求すべてを強引に引き出す能力がもの凄く、
不意を突かれ、気が付いた時にはすでに回避不能で致命的な状況に陥ってしまったDQNは、何もできずに散っていく。
運良く生き残っても「こんなに見通しが良いのに事故るのはDQN以外にありえない」
と、いうレッテルを貼って社会的に止めを刺し、再起不能に追い込む冷酷非情さが恐い。

【エアバック】
 普段は眠っているが事故発生時に飛び起きて体を張って運転手を守る頼もしい助っ人。
またDQNに対しては、「エアバックがあるからシートベルトつけなくて大丈夫だろう」と油断させて、
親友のフロントガラス君へのアシストをこなす。

【縁石】
 車道と、歩道 安全地帯との境界を守る優秀なガードマン。
小粒でもピリリと辛い。

【電線】
 電柱の上にひっそりと佇む伏兵。
触れたDQNを得意の電撃で焼き払う。

【ETC】
 高速道路料金を停車せず後払いにできる高度道路交通システム。
しかしそれは交通ルールを守る善良な市民たちに対してのみ利用権が与えられる。
ルールを無視した減速知らずのDQNに対してバーを上げることはなく、痛烈なラリアットで制裁を与える。
また、詰め所の警官を呼び出す効果があり、高速道路の出入り口を静かに守る機械仕掛けの門番。

【自縛霊】
  街の仲間たちに餌食にされた人間が自縛霊となったもの。
心霊スポットや事故多発現場でDQN達へ恐怖の道へと誘い込む
スポンサーサイト

テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

# プロフィール

 

 
くだらない事をダラダラと。

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: